ホーム > datework > 顧客名刺の情報入力など担当者がその都度入力

顧客名刺の情報入力など担当者がその都度入力

社会人のビジネスマナーの基本はビジネスの場において初めての人と顔を合わせたとき、一番最初に行うのが名刺交換です。 春になると新入社員の入社や人事異動や組織変更などで名刺交換の数が増えます。

さらに営業などで、外部に出て行く人にとっては名刺が貯まる一方で顧客を多く抱える会社などは社員による名刺入力は面倒です。 担当者が日々の活動で交換する名刺の数は数枚~十数枚になり、顧客の多い会社になると大変な数になってきます。

担当者がその都度入力すればよい思われてますが毎日帰社後にする作業となると多大なストレスになり業務が円滑に回らなくなる恐れがあります。

対策として名刺入力の外注・在宅入力があります。

直接名刺を渡される場合と、データエントリーという方法があります。

これは在宅スタッフが自宅でデータ入力するのですが、入力原票を専用スキャナーで読み込んだ画像をイメージデータとしてEメールなどにより在宅ワーカーの管理画面に配信し指定の箇所をデータ入力する作業をイメージデータエントリといいます。

取引会社の名刺を情報データ化する場合、名前、郵便 番号、住所、電話番号 会社名、部署名、役職名、FAX番号、 E-mail、URL などが含まれます。

個人情報が含まれるので中級者から上級者のワーカーが取り組む場合が多いです。


仕事に応募したい方は下記バナーからどうぞ。

01位

家仕事ランキング

家でできる仕事ランキングで探す。
01位

明日から稼げるデータ入力で探す

ここで決定!希望のお仕事がピンポイントで探せる。
01位

在宅ワークで探す。

簡単3分!高報酬など豊富な仕事先の紹介をしています。

キーワード