ホーム > 仕事内容について > 通関士としての在宅ワーカー

通関士としての在宅ワーカー

安定した職業の通関士

通関士とは、輸出入の際に必要な通関手続きを行うことができる国家資格をもった人のこといいます。 主な仕事は、税関法や関税に関する法令に基づいて必要な申告や申請を行い、それらについて許可や承認を得るまでの一連通関手続きの代理業務です。

zadata15.gif輸出入申告書や意義申立書、審査請求書などの書類の作成業務が主な業務になります。 主な勤務先としては、通関業者・商社・貿易関連事業などがあげられます。

最近は在宅勤務、テレワークなど自宅勤務も増えてきてます。

通関士は基本的に貿易業務を行っている 会社の書類作成の代行など貿易の専門知識を必要としている企業の通関業務で働くとになるので、雇われる場合、収入は普通の会社員と同じように、企業の規模などによって左右されます。 基本的には、資格手当てが月1~2万程度付加されるといったことろでしょうか。 しかし、輸出入がなくならない限り仕事が減ることはありませんから、輸出入が必要不可欠な島国である日本においては、将来的にも非常に安定した職業といえるでしょう。


仕事に応募したい方は下記バナーからどうぞ。

01位

家仕事ランキング

家でできる仕事ランキングで探す。
01位

明日から稼げるデータ入力で探す

ここで決定!希望のお仕事がピンポイントで探せる。
01位

在宅ワークで探す。

簡単3分!高報酬など豊富な仕事先の紹介をしています。

キーワード