ホーム > 仕事内容について > 経営コンサルタントはマーケティングの指南、経営戦略の「その道のプロ」

経営コンサルタントはマーケティングの指南、経営戦略の「その道のプロ」

経営コンサルタントとは?

経営コンサルタントは顧客企業から報酬を得て、マーケティングや販売の指南、経営戦略の指南などをしていく仕事です。 コンサルティング案件は、単発で調査結果を売って終わりというものから、長期契約まで様々です。

zadata46.gif制度として、経営コンサルタントなるために必須の資格というのはありませんが、コンサルティングの実績が無いと仕事が貰えないため、何かの業種でプロとして実績がある人が、自らコンサルティング会社を設立するか、コンサルティング会社に転職するパターンが一般的です。 ただ、コンサルティング会社に入社するために中小企業診断士などの国家資格があると、若干有利かも知れません。 日本には、経営改善は必要とする企業は多い割に、お金を払ってコンサルティングを受けるという文化が大企業以外では浸透しておらず、またその余力も企業側に無いため、

いかに仕事を取ってくるかが重要となります。

そのため、既に「その道のプロ」である顧客企業に対して、さらなる改善を提案できる能力が鍵となります。 高い情報収集能力や、一見して無価値に見える情報同士を組み合わせて意味や兆候などを見い出す高い分析力も求められます。 雇われコンサルタントであっても、実績を上げられるようになれば、大変高収入が得られる仕事でもあります。


仕事に応募したい方は下記バナーからどうぞ。

01位

家仕事ランキング

家でできる仕事ランキングで探す。
01位

明日から稼げるデータ入力で探す

ここで決定!希望のお仕事がピンポイントで探せる。
01位

バイト「an」で探す。

簡単3分!高報酬など豊富な仕事先の紹介をしています。

キーワード