ホーム > 仕事内容について > 音楽作りに欠かせないのが作詞家の存在

音楽作りに欠かせないのが作詞家の存在

作詞家はフリーで在宅で取り組む人が多いです。

昔はノートとペンというイメージでしたが最近はパソコンで作詞してひたすら入力って感じでしょうか。音楽に関わる仕事、それらは意外とたくさんあります。

zadata47.gif音楽を作曲する人、アレンジする人、実際に演奏する人、 歌をうたう人、編曲をする人等。 挙げていけば、「音楽に携わる業務」といっても、 たくさんの種類があるという事が理解できます。 各分野にそれぞれの専門家がいて、自分の得意な才能で勝負しています。 そして、音楽作りに欠かせないのが作詞家の存在ですね。 テレビやラジオで流される音楽には、多くの場合、歌詞がついています。 同様のメロディでも、歌詞が違うことでリスナーの印象は変化します。 歌詞の言葉選びで、歌のイメージが良くも悪くもなってしまう、大事な部分です。 作詞家は、それを決定する極めて重要な役割を担っていると思います。 ちょっと、蛇足ですが、

作詞家は成功すれば印税面でもメリットが多いようです。

カラオケ等を通しても、収入を得られることがあると言われており、 上手にいけば、印税生活をおくれる可能性がある職業でもありますね。


仕事に応募したい方は下記バナーからどうぞ。

01位

家仕事ランキング

家でできる仕事ランキングで探す。
01位

明日から稼げるデータ入力で探す

ここで決定!希望のお仕事がピンポイントで探せる。
01位

バイト「an」で探す。

簡単3分!高報酬など豊富な仕事先の紹介をしています。

キーワード